SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. ためる・ふやす>
  3. 外貨預金>
  4. 外貨定期預金

戻る外貨定期預金のご案内

〔商号・住所〕

株式会社 きらやか銀行

山形県山形市旅篭町三丁目2番3号

登録金融機関

東北財務局長(登金)第15号

1.外貨定期預金とは

(1)外貨定期預金は、外貨建ての預金のうち、あらかじめ預金の預入期間を定め、原則としてその期間中は払戻の要求に応じないことを条件としている預金です。

(2)為替相場の変動により、お受け取りになる外貨を円換算すると、当初お預入時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れ)リスクがあります。

2.外貨定期預金のリスクについて

(1)為替相場の変動がない場合でも、元本割れのリスクがあります。
円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(払戻時)に適用する為替相場は、手数料を含んだ当行所定のTTSレート(預入時)およびTTBレート(払戻時)をそれぞれ適用します。

【手数料金額】

1米ドルあたり 1円

したがって、為替相場の変動がない場合でも預入時と払戻時の手数料がかかるため、お受け取りになる外貨の円換算額が当初お預入時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れ)リスクがあります。

【預入時と払戻時の手数料の合計金額】

1米ドルあたり 2円
当行の為替相場(例)

(注1)仲値は、平日営業日の午前10時頃の銀行間取引実勢相場を参考に決定し、原則として当日中のTTSレートやTTBレート等の基準として使用します。

(注2)10万米ドル相当額以上のお取引の場合は、仲値にかかわらずお取引時点の銀行間取引実勢相場を基準にTTSレートまたはTTBレートを提示させていただきます。

(注3)外国為替市場で相場が大きく変動した時には、お取引金額によってはお取引時点の銀行間取引実勢相場を基準にTTSレートまたはTTBレートを提示させていただく場合や、仲値を当日中に変更させていただく場合があります。

(注4)外国為替市場の急変時など、銀行間取引実勢相場が確定できない場合は、為替取引を一時停止させていただくことがあります。

(2)為替相場の変動により、元本割れのリスクがあります。
外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りになる外貨を円換算すると当初お預入時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れ)リスクがあります。

元本割れ

3.外貨定期預金取引契約締結の前に

(1)お客様に適した商品をご提案させていただくために、お客様のご意向等を詳細にお聞かせいただきますようお願い申し上げます。

(2)ご契約の締結前に商品内容をご説明させていただき、「外貨定期預金契約締結前交付書面(兼外貨預金等書面)」をお渡しいたしますので、その内容をよくお読みください。

(3)ご不明の点は、お取引店または事務課(代)023-631-0001までお問い合わせください。