SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. ためる・ふやす>
  3. 外貨預金>
  4. 外貨普通預金の概要

戻る外貨普通預金のご案内

5.外貨普通預金の概要

商品名 外貨普通預金
商品概要 預入期間の定めのない外国通貨建ての預金です。通帳はありません。月次で取引明細書(STATEMENT)を発行します。(ただし、月末残高が0で当該月のお取引もない場合は発行しません。)
預金保険 預金保険の対象外です。
販売対象 法人および個人のお客様
預入期間 期間の定めはありません。
預入

(1)預入通貨
米ドル(ただし、当行の定める要件に該当する場合のみオーストラリアドルを可)

(2)最低預入額
1補助通貨(1セント)

(3)預入単位
1補助通貨(1セント)

(4)預入方法
随時お預け入れいただけます。(原則として平日営業日の午前10時から午後2時まで)

引出方法 随時お引き出しいただけます。(原則として平日営業日の午前10時から午後2時まで)
利息

(1)適用利率
変動金利で、窓口でご案内する利率を適用します。利率はマーケット環境等により随時見直しすることがあります。

(2)利払方法
毎年2月と8月の利息決算日(第2金曜日)の翌日に当該口座にご入金いたします。

(3)計算方法
毎日の1通貨(1米ドル等)以上の最終残高について、1通貨を付利単位として1年を365日とする日割計算です。

税金

(1)利息
法人のお客様:総合課税
個人のお客様:源泉分離課税(国税15%、地方税5%)でマル優の対象外です。但し、平成25年1月1日から平成49年12月31日までにお受け取りいただく利息については復興特別所得税が課税され、20.315%の税金がかかります。

(2)為替差損益
法人のお客様:総合課税
個人のお客様:雑所得となり確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差損益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できますが、他の所得区分との損益通算はできません。
詳しくはお客様ご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。

手数料および適用相場 お預け入れやお引き出しの方法により手数料等が異なるため、手数料等の金額や上限額等をあらかじめお示しすることが出来ないものがあります。詳しくは〔外貨普通預金のお預け入れとお引き出しに関わる主な手数料および適用相場〕をご覧ください。
付加できる特約条項 ありません。
お問い合わせ先 お取引店または事務課(代)023-631-0001までお問い合わせください。
当行が対象事業者となっている認定投資者保護団体 ありません。