伝送サービス

振込伝送

口座振替/ワイドサービス

口座情報および、日付、金額を指定した取引先金融機関より代金を回収し、企業の保有する口座に入金を行うことができます。

手順1 業務を選択

「振込伝送」メニューをクリックしてください。
続いて業務選択画面が表示されますので、「口座振替」「ワイドサービス」のいずれかのボタンをクリックしてください。

手順2 作業内容を選択

作業内容選択画面が表示されますので、「請求データの新規作成」ボタンをクリックしてください。他の項目は下表を参照してください。

選択項目 内容
作成中振込データの修正・削除 作成途中の取引やエラーとなった取引を修正、削除できます。
過去の振込データからの作成 過去の取引を再利用して、総合振込の取引を開始できます。ここから"切替済み"の取引も再利用できます。
振込ファイルによる新規作成 振込ファイルの指定により、総合振込の取引を開始できます。
作成中振込ファイルの再送・削除 作成途中やエラーとなった振込ファイルを再送、削除できます。
振込データの状況照会 過去に行った取引の状況を照会できます。
承認待ちデータの引戻し ご自身が依頼した取引の引戻しできます。
引戻しを行った取引は、修正して再度承認を依頼できます。
承認済みデータの承認取消 ご自身が承認した取引を取消できます。
承認取消を行った取引は、修正して再度承認を依頼できます。
振込先の管理 振込先やグループの新規登録や、登録振込先の変更、削除できます。登録振込先の情報をファイルに出力できます。
「振替結果照会」 振替結果を照会できます。また、振替結果のファイル取得もできます。

手順3 入金先情報を入力

入金先情報入力画面が表示されます。「引落指定日」(任意で「取引名」)を入力し、入金口座一覧から入金口座を選択し、複数の委託者コードがある場合は委託者コードを選択後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

※ワイドサービスはプルダウンで指定日を選択してください。

※取引名が未入力の場合、「○月○日作成分」が設定されます。(○月○日は請求データ作成日)

手順4 請求先口座指定方法を選択

請求先指定方法選択画面が表示されます。
請求先一覧登録済の請求先の場合は、「請求先口座一覧から選択」ボタンをクリックし、手順5-1へお進みください。
はじめての請求先の場合は、「新規に請求先口座を入力」ボタンをクリックし、手順5-2へお進みください。

「グループ一覧から選択」ボタンをクリックすると、請求先グループ一覧からグループを選択できます。選択されたグループに所属させている全口座を請求先として指定します。

「金額ファイルの取込」ボタンをクリックすると、口座振替の金額ファイルにより、請求先と金額を指定できます。

手順5-1 請求先口座を選択(登録請求先口座選択)

登録請求先口座選択画面が表示されます。登録請求先一覧から請求先をチェックし、「次へ」ボタンをクリックし、手順6へお進みください。

※請求先を追加する際、登録されている引落金額をコピーして使用する場合は、「登録引落金額を使用する」を選択してください。

手順5-2 請求先口座を選択(新規請求先口座入力)

新規請求先口座入力画面が表示されます。請求先情報・請求先登録(表参照)を入力し、「次へ」ボタンをクリックし、手順6へお進みください。

入力項目 入力内容
請求先情報 金融機関名
  • 「文字ボタンによる入力」ボタンをクリックすると、文字ボタンで金融機関を検索することができます。
支店名
  • 「文字ボタンによる入力」ボタンをクリックすると、文字ボタンで支店を検索することができます。
科目
  • 科目を選択してください。
口座番号
  • 半角数字7桁以内で入力してください。
    請求先情報
預金者名
  • 半角30文字以内で入力してください。
登録名
  • 全角30文字以内[半角可]で入力してください。
顧客番号
  • 半角20文字以内で入力してください。
引落金額
  • 半角数字10桁以内で入力してください。
請求先登録 請求先登録
  • 請求先を登録する場合は、「請求先に登録する」をチェックしてください。
所属グループ
  • 請求先を登録する場合は、所属グループをリストから選択してください。

手順6 引落金額を入力

引落金額入力画面が表示されます。「引落金額」を入力し、「次へ」ボタンをクリックしてください。

「請求先の追加」ボタンをクリックすると、手順4に戻り、請求先を追加することができます。

「クリア」ボタンをクリックすると、入力項目を未入力状態に更新することができます。

「一時保存」ボタンをクリックすると、作成しているデータを一時的に保存することができます。

手順7 内容確認

内容確認[画面入力]画面が表示されます。「承認者」を選択し、「確定」ボタンをクリックしてください。

■画面はダブル承認の場合です。

「取引・入金先情報の修正」ボタンをクリックすると、入金先情報修正画面にて、取引・入金先情報を修正することができます。

「明細の修正」ボタンをクリックすると、引落金額入力画面にて、明細を修正することができます。

※承認者へのメッセージとして、任意で「コメント」を入力することができます。

「一時保存」ボタンをクリックすると、作成しているデータを一時的に保存することができます。

「確定して承認へ」ボタンをクリックすると、承認権限のあるユーザが、自身を承認者として設定した場合に、続けて請求データの承認を行うことができます。

手順8 確定

確定結果[画面入力]画面が表示されますので、確定結果をご確認ください。

企業情報の設定により、承認パターンは「シングル承認」、「ダブル承認」に分かれます。承認者へ承認依頼のメールが送付されますので、「承認」へ進みます。

※「印刷」ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。

↑このページの先頭へ