SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 女性活躍推進への取組

戻る女性活躍推進への取組について

きらやか銀行では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき次の通り、行動計画を作成いたしましたので公表します。

株式会社きらやか銀行 行動計画【女性活躍推進法 第2ターム】

女性が仕事と家庭を両立しながら、自身のキャリア形成を図れる職場環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2021年4月1日 〜 2026年3月31日

2.当社の課題

課題1:管理職に占める女性割合が少なく、割合を高める施策が必要。

課題2:女性が活躍できる環境が未だ不十分であり、制度として「介護休業制度」や「短時間勤務制度」、「子の看護休暇制度」等があるものの、行内向け十分に周知されていない。

課題3:男性職員の育児休業取得率が低い。

3. 目標と「取組内容・実施時期」

目標1:管理職に占める女性割合を10%以上にする。

【取組内容と実施時期】

    取組1:女性役席者・管理職者育成に向けた取組み

  • 2021年 6月  ~ 女性職員のジョブローテーションとマルチタスク化に向けた育成
  • 2021年10月 ~ 仙台銀行と合同で女性役席対象のワーキング会議の継続実施
  • 2021年10月 ~ 女性管理職候補者を対象とした外部セミナー等への派遣
  • 2022年11月 ~ 若手女性職員へのキャリアイメージ形成研修の実施

    取組2:女性が活躍できる環境を整備する取組み

  • 2021年 4月  ~ 男女一律とした入行後の育成プログラム検討
  • 2021年 7月  ~ 育児の両立支援のリーフレットを整備し、イントラネットで再周知
  • 2021年10月 ~ 結婚や育児・介護等を事由に退職後、正社員として再雇用する制度の検討

目標2:育児休業取得率を男女とも100%を目指し、男性職員には最低1週間を目安に推奨する。

【取組内容と実施時期】

    取組1:男性職員の育児休業取得を推奨する

  • 2021年 4月  ~ 男性職員の配属者が出産した際に、所属長及び人事課より産後8週間の間に最低1週間を目安とした育児休業取得を推奨
  • 2021年 4月  ~ 産休・育休者は一時的に総務部付とする運用を検討

    取組2:女性職員の育児休業取得におけるフォローの実施

  • 2021年 4月  ~ 育児休業者への情報提供を各部から集約し通知
  • 2021年10月 ~ 妊娠中、産前・産後休業や育児休業復帰後の配慮や処遇に関する周知


戻る当行の取組実績について

きらやか銀行は、仕事と生活の調和がとれた社会の実現に向けて積極的に取り組み、成果が認められる企業として「平成27年度山形県ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰」、また職場における女性の能力発揮を促進するための積極的な取り組みを行う企業として「平成27年度均等・両立推進企業部門山形労働局長奨励賞」を同時受賞致しました。

当行はこれからも、ワーク・ライフ・バランスの充実やポジティブ・アクションの推進を図り、男女ともいきいきと働ける企業を目指し積極的に活動を続けてまいります。