SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. ためる・ふやす>
  3. 投資信託

戻る投資信託

投資信託とは?

投資信託とは、運用の専門家である投資信託委託会社が、あらかじめ複数の株や債券など多くの金融商品から最適な投資対象を決め、多くのお客さまから集めた資金をまとめて投資(運用)し、その成果をお客さまにお返しする商品です。運用の成果は、あらかじめ決まったものではなく、運用状況に応じて変わります。そのため「預貯金では得られない収益(リターン)が期待できる」半面、「元本が目減りする可能性」を持っています。このように投資信託は、預金などとはいろいろな面で異なっています。

投資信託のメリット

投資信託は銀行預金と違って一定の利回りを約束するものではありませんし、元本の保証もありません。利回りが確定していない、すなわち「リスクがある」ことは、投資信託を利用するうえで必ず知っておいていただきたいポイントです。しかし、次のようなメリットもあります。

■ 大きな資金にまとめて、分散投資がおこなえます。

株式の場合、もし1つの銘柄だけに投資していたとすると、その株の値下がりの影響をまともに受けてしまいます。株式投資のリスクを減らしつつリターンを求めるには、複数の株式に資金を分けて運用(分散投資)する必要があります。分散投資をすることによって、そのうちの1つが値下がりしても全体に及ぼす影響を小さく抑えることができるのです。

■ 少ない金額で購入できます。

通常、株式や債券などに直接投資をするためには、まとまった資金が必要になります。ところが、投資信託の場合、数多くのお客さまの資金をまとめて運用しますので、一人のお客さまは、小口の資金から購入することができます。

■ お客さまにあった商品が選べます。

投資信託には、リスクとリターンの度合いが異なるさまざまなタイプの商品があります。リスクに対する考え方、資金の性格、目的・期間などに応じて、さまざまな商品を選択したり組み合わせたりすることができます。

■ 運用の専門家の豊富な資産運用経験とノウハウを活用できます。

株式や債券を個人で運用するには、投資対象や売買のタイミングを見極める専門的知識が必要とされます。その点、投資信託は、運用の専門家がお客さまに代わって高度な市場分析により投資対象を選定します。さらに市場の状況に応じて、投資先も随時入れ替えていきます。

投資信託のしくみ

投資信託は、販売会社、運用会社、受託会社の3社がそれぞれの役割を分担して運営されています。皆様が購入された投資信託は、投資信託委託会社(運用会社)が投資先を選んで運用します。株式や債券などにどの程度投資するのか、また、どのような銘柄を選んで投資するのかといった運用の方針は、ファンドごとに異なります。

投資信託のしくみ

投資信託をご購入のお客様へ

投資信託のリスク

投資信託は、株式、債券、投資信託証券など値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リスクがあります)に投資しますので基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。
リスクの要因については、各ファンドが投資する有価証券等により異なりますので、お申し込みに当たっては、各ファンドの投資信託説明書(目論見書)をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。下記に記載している費用項目等につきましては、一般的な投資信託を想定しております。費用の料率につきましては、きらやか銀行が販売会社として取扱いを行っている投資信託のうち、お客さまにご負担いただくそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。

直接ご負担いただく費用
 申込手数料:料率の上限は、基準価額に対して、3.24%(税込)です。
 換金(解約)手数料が徴収される投資信託はありません。
 信託財産留保額:料率の上限は、基準価額に対して、0.5%です。

保有期間中に間接的にご負担いただく費用

 信託報酬:

信託報酬率の上限は、信託財産の純資産総額に対して、年2.052%(税込)です。

 その他費用:

監査報酬、有価証券等の売買にかかる手数料、資産を外国で保管する場合の費用等をご負担いただきます。(その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。)

※ファンドにより異なりますので、詳しくは当行にお問合わせください。

※詳しくは各ファンドの「投資信託説明書(目論見書)」をご覧ください。

投資信託に関する注意事項

  • 投資信託は預金ではなく、元本・利回りが保証されている商品ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度の対象ではありません。また当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
  • 投資信託の基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 組入れ有価証券(株式・債券等)等は、その有価証券等の発行者の信用状態の変化等により価格が変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動(為替変動リスク)により基準価額が変動しますので、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 当資料は当行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「投資信託説明書(目論見書)」をご覧ください。
  • 「投資信託説明書(目論見書)」は、当行の本・支店等の窓口にご用意しております。

商号等/株式会社 きらやか銀行  登録金融機関 東北財務局長(登金)第15号

加入協会/日本証券業協会