SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. よくあるご質問>
  3. マイネットバンキング編>
  4. セキュリティについて

戻る〈きらやか〉マイネットバンキング編

セキュリティについて

インターネット上のセキュリティが心配ですが?

パソコンをご利用の場合、お客様のパソコン等と当行のコンピュータ間のデータ通信については、128ビットSSL方式を採用しております。又、24時間のアクセス監視を行うなど、安全面への配慮を行っております。
【SSLとは】
SecureSocketLayerの略で、ブラウザに搭載されている暗号通信機能のこと。世界各国の金融機関が採用しています。
【128ビットSSL暗号とは】
ネットスケープ社が開発した、インターネット回線を流れるお客様の情報を、お客様のパソコンのブラウザと当行のサーバーの間で暗号化する仕組みです。
「ネットバンキング」(パソコン)では、現在、一般に用いられている中で標準的な128ビット暗号化システムによりお客様の情報を保護しています。この128ビット暗号システムによって暗号化された情報は、2の128乗通りの符号を組み合わせてできているので、現時点で解読はほとんど不可能とされています。「ネットバンキング」(パソコン)をご利用の際、SSL方式を使用するために、以下のブラウザを推奨いたします。

■推奨ブラウザはこちら
また、お客様のパソコンにインストールされているブラウザの設定状況をご確認ください。
携帯電話をご利用の場合は、お取引の情報は、携帯電話各社のセンターと当行のサーバ間の専用線上にあり、インターネット上は通過しません。

本人確認手段はどのように行うのですか?

【申込時】
利用申込書にご本人名義の口座をご記入、ご捺印の上、お届けいただきます。銀行では契約者登録の完了後、お客様宛「ログインパスワード」、「確認用パスワード」を記載した「ご利用開始のお知らせ」を簡易書留便で郵送させていただきます。
【初回利用時】
お客様より代表口座情報と「ログインパスワード」、「確認用パスワード」を入力していただきます。セキュリティを期するため、初回ログイン時にパスワードを変更して頂きます。
【二回目以降の利用時】
お客様がご指定された「ログインID」(パソコンでご利用の時のみ必要)、「ログインパスワード」、「確認用パスワード」入力して頂きご本人様であることを確認します。

第三者によって不正に利用されたりしませんか?

お客様以外の第三者の不正利用を防ぐため、当行では2種類のパスワードで確認しています。本サービスにログインしていただくために必要な「ログインパスワード」と、振込・振替等、お取引依頼の意志確認として入力していただく「確認用パスワード」です。
さらに、パソコンやスマートフォンをご利用の場合は、ログイン時にワンタイムパスワード(可変式の使い捨てパスワード)のご利用でご本人の認証を行い、高いセキュリティを保つことができます。
ワンタイムパスワードとは、1分ごとに変化する一回限り使用可能な「使い捨てパスワード」です。詳細につきましては、当行ホームページのマイネットバンキングQ&A【ワンタイムパスワードについて】を参照願います。
誤ったパスワードが一定回数以上当行に届いた場合、お取引を一定時間停止させていただきます。(ロックアウトといいます。)
更にロックアウトが一定回数以上続いた場合、完全にご利用を停止いたします。それぞれの時点において、当行はお客様からお届け頂いているメールアドレス宛にご通知いたします。お心当たりのないメールが到着した場合には、ただちに当行きらやかお客様サービスステーションにご連絡ください。

スマートフォンはセキュリティが心配ですが?

スマートフォンはワンタイムパスワードが必須のため、お客様ご自身でしか知りえないワンタイムパスワードの入力でご利用いただきます。
ただし、セキュリティ面において脆弱性が指摘されています。ご利用に際してはセキュリティ対策ソフトのダウンロードをお勧めします。また、アプリのダウンロードにあたっては、信頼性の高いサイトから行うとともに、不審なメールは開かないなど、セキュリティの管理には十分ご注意下さいますようお願いいたします。